2016年4月19日火曜日

シナスー備忘録〜裁縫編〜

どうも、すばるです。
ファフナーEXODUSのシナジェティックスーツの作り方を書いていきます。
(書こう書こうとしているうちに2ヶ月経ってしまっていたので、やや忘れてる箇所あるかも)
<2016.11.25画像・説明文追加>

☆材料☆
衣装本体(新宿オカ○ヤで揃えました)
ストレッチレザー(紺)3.5mくらい
ストレッチレザー(白)1mくらい
パワーネット(ベージュ)50cmくらい

造形部分(この辺雑です…)
ライオンボード5mm 一番大きいやつ1.5枚くらい
ライオンボード2mm 45cm四方のやつ1枚で足りるかどうか
工作用紙たくさん(10枚位あればいいかも?)


おおよその設計図を書いてから作ると効率的です。



まずは裁縫編!
衣装本体の型紙取りから

適当な新聞紙かハトロン紙を体に巻いて、その上からガムテでぐるぐる巻にしていきます。なるべくぎゅうぎゅうにしていったほうがいいかも。
ちなみに、一人でやるととてもつらいので人にやってもらうといいでしょう。
体と片手片足に巻けたら、マジックで体の真ん中やら横やらに線を引いてアタリをつけていき、体の真ん中の線に沿ってハサミを入れて脱皮します。(この時、切り返し線や脇下・太もも・二の腕の穴も書いてます)

脱皮した型紙がこちら。右が正面で左が背中側ですね。脇下と太ももの穴もあけてます。
(体型によってはこの時点で型紙が正面と背中で二分割にされます)


これをハトロン紙に写し取ればオッケーです。
足の中心ラインから切り返し?が入っているので、ハトロン紙に写してから三分割してます。(正面と背中で分けてる場合は四分割)
あ、ちなみにストレッチレザーといっても思ったほどストレッチしないので小さめに作ると痛い目見ます(実体験)

ジャケットはでぃあこす様のショートジャケットの型紙(有償)を改造しました。
前下りになるように、後ろを少し短くしてます。

袖をガムテから作った型紙にあわせるなど。にゃ〜ん(笑)


そんな感じでバーーーン!出来てしまいました(雑)
モデル:おりんりん


嘘です。まだパワーネット付けてないです。
パワーネットを付けると露出防止だけではなく、動いても開いてるところがパカパカしないです。
ちなみに、ネットは手縫いでつけてます(ミシンでもいいですが、私は手縫いのほうがやりやすかったので)

難しい裁縫技術的なものは無くひたすら縫うだけです。レザーはかがらなくていいから楽ですよねえ。

縫う手順としては、正面・背中側の切り返し部分を縫って1枚にする→
腰・足部分を縫う→正面センター部分を縫って左右パーツを一枚に繋げる→
襟を付ける→白バイアステープをセンターラインから背中ファスナー開きまで縫い付ける→
背中ファスナー部分の白バイアステープを縫い付ける→
背中ファスナーを付ける→脇下・太ももの開きに白バイアステープを縫い付ける→
パワーネットを縫い付ける

という感じです。超頑張れば3日くらいで縫い終わります。

設定だとファスナーは正面についてるんですが、形の綺麗さを優先して背中につけています。正面につける場合は手順を入れ替えるだけです。

白いラインは、ストレッチレザーをバイアスに切って作っています。(バイアステープの作り方はググってください)
レザーはアイロンで癖を付けられないので、バイアステープのセンターに0.5mmの両面テープを貼って癖付けしてます。

↑のように真ん中に両面テープを貼って端から折ると両折のバイアステープが出来ます。
細い両面テープを使うと針の通る端に粘着物質が付かないので針がベトベトにならずに済みます。


あと、合皮を縫うときはちゃんと厚地用針と糸を使ったほうがいいです…(超当たり前)


はい完成☆

と、言いたいところですがまだ続きます。
造形パーツをつけるために面ファスナーを縫い付けます。
ジャケット(胸上左右)と首周りのパーツ、ジャケット(胸上左右)とスーツ本体、ジャケット(背中)と背負いモノパーツの5箇所。
こんな感じで。


縫い付け位置は造形パーツが完成した後で調整しながら決めてください。
ジャケットとスーツ本体は面ファスナーで止めておかないと、造形パーツの重みでジャケットが後ろにずれてしまうので、防止策として縫い付け推奨です。

衣装本体は以上でっす。


つぎ靴。
ブーツカバーの作り方も衣装本体と同じで、履いた状態で薄い紙の上からガムテでぐるぐる巻にして型紙をとります。
画像はとってもシナスーに合いそうな靴。たまたまマルイで買ってたやつです。


はい、できた!
靴裏に幅広ゴム縫い付けてます。特別なことしてないのでブーツカバーの詳細はググるといいです。


本当はゴムを縫い付ける前に、足の造形パーツを取り付ける用に面ファスナーを縫い付けたほうがいいです。
私はグルーガンでやってしまったので、バリバリ剥がれて大変でした…。
靴の面ファスナーは薄型があったら薄いほうがいいと思います。
ブーツカバーをファスナー付きにして作り直しました。
足のパーツを縫い付けて取り付けています。合皮とライオンボードはとっても相性悪いので針と糸でザクザク縫い付けたほうが安心です。5mmのライオンボードでしたら針は簡単に通ります。


裁縫編糸冬了。
次は造形編いきます

この作り方はパイロットスーツにも応用できると思うので、いつか種のパイスーを作りたいなあって